魔法科高校の優等生

魔法科高校の優等生2話のネタばれ無料視聴する方法も!

魔法科高校の優等生2話のネタばれ無料視聴する方法も!

今回紹介する魔法科高校の優等生ですがU-NEXTで視聴することができます。U-NEXTでは初回登録すると31日間無料トライアルできます。期間中に解約するとお金はかからないので興味がある人はここをクリック

引用元:TVアニメ「魔法科高校の劣等生」シリーズ

入学試験当日

国立魔法大学付属第一高校の入学式当日達也と深雪は試験を受け首席で深雪が達也はに二科生として入学式にでたが入学式の首席の挨拶の時に深雪は等しく一丸となって勉学に励むという少し際どい言い方をして挨拶をしていた。

なぜこの発言が際どいのかと言うと国立魔法大学付属第一高校では生徒の成績でクラスを分けており、成績のいい上位100名は一科生と呼ばれ、成績の101~200位の生徒は二科生と呼ばれている。

二科生のことをウィードと呼ぶ生徒もいるが差別発言としてなくそうとするがいう生徒は多い、ウィードの意味は雑草という意味がある。

ちなみに、この一科、二科の制度は国立魔法大学付属第一高校だけではなく国立魔法大学付属第二高校、国立魔法大学付属第三高校も採用している。第三高校では一科のことを専科、二科のことを普通科と呼んでいる。

他の6高校は定員が100名のため2クラスにはわかれていない。

引用元:TVアニメ「魔法科高校の劣等生」シリーズ

一科生と二科生の争い

光井ほのかは入学試験の時に深雪が試験を受けているのを見てファンになった、そんなほのかは深雪にあいさつをする練習をしたりしていたが、自身が緊張に弱いのもあり緊張しないで話せるのも一緒にいる雫だけだった。

ほのかと雫は子供のころからの中で、ほのかの両親は仕事で家にいないことが多かった。そのため家で一人だったほのかは、ほのかの母親と雫の母親が若いころから仲が良かったため北山家に預けられることが多かった。

ちなみに、中学生の頃も両親がいないことが多かったので下宿のような感じで預けられていた。

深雪とほのかと雫の三人で食堂に行って食事をするために席を探そうとすると達也たちがいたためその近くに行こうとすると、ほかの一科の生徒が二科の達也たちに向かって二科の生徒に向かって因縁をつけた、そのため達也たちは席を立って食堂を後にした。

深雪はそんな一科生に対して不満を持っていた、食堂をでた深雪たち、ほのかはなぜ達也が二科なのかわからないということを言い、入学試験の時にファンになったのは深雪だけではなく、達也にもファンになったようだった。

試験の時深雪は圧倒的なサイオン量を誇っていたが、達也の場合サイオン量は多くないが制御力があったので一科生の実力があると思っていたが二科生になっているとは思っていなかったそうだ。

引用元:TVアニメ「魔法科高校の劣等生」シリーズ

 

魔法科高校の優等生1話のネタばれ無料視聴する方法も!魔法科高校の劣等生では深雪の口癖のように言われていたさすが兄様ですですが、これは司波深雪の兄である司波達也に向けて流石と思ったときにいう口癖ですが意外と人気があります。魔法科高校の優等生の一番最初に火災が起きた時に兄妹が逃げるときに妹が転びそうになったが深雪が助け兄の方に2人で逃げ切れるかという問いに対して兄は元気よく「うん!」と返したのを聞いて「さすがお兄さんですね」といったのですが...