世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する

世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する【1話 感想ネタバレ】

世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する【1話 感想ネタバレ】

世界一の暗殺者が、暗殺貴族の長男に転生した。現代であらゆる暗殺を可能にした幅広い知識と経験、そして異世界最強と謳われた暗殺者一族の秘術と魔法。そのすべてが相乗効果をうみ、彼は史上並び立つものがいない暗殺者へと成長していく——。 WEB発超人気作が大幅加筆にて新生、最強×無敵のアサシンズ・ファンタジー!!

 

勇者の暗殺依頼

出典:世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する コミックス1巻より

勇者の暗殺を依頼された主人公、彼からしたら勇者は魔法や超能力がある世界で怪物たちを倒す英雄、その英雄をなぜ殺すのか疑問になり女神になぜ殺すのかを問うことにした。

女神の話によると勇者は16年後邪悪な魔王を打ち滅ぼすが魔王を滅ぼしたあと、その強大な力を私利私欲のために使い魔王以上に世界に対して悪影響を及ぼす存在になるということだった。

そして、魔王を倒した2年後には世界は勇者により滅ぼされると聞かされる。

それを聞いた、主人公は魔王を倒すために呼ばれた勇者も目的が終われば処分されると、過去の自分と照らし合わせ勇者を処分した後は自分が処分されるのではないのかと疑問に思った。

しかし、女神からしたら勇者のように強大な力を私利私欲のために使わなければ処分されることはないとのことで、勇者は許容範囲を優に超える存在になっていた。

勇者の力は規格外でその規格外を倒すには戦士や魔術師のように正面からはどうにもならないため世界最高の暗殺者である彼が選ばれたのであった。

彼が転生する世界には、成長限界がありある一定まで成長するとそれ以上先に行くことができないが、勇者は別で成長限界がないため戦闘において勇者を倒すことは不可能と思われる。

そのため、暗殺を必要とされていることを彼は納得した、次にその強力な力をもつ勇者を暗殺するために考慮してほしいと女神に頼む。

女神は彼の転生する体のスペックを最高値にし、スキルも自由に選択できるということだった。

その世界では、人は生まれながらにスキルを与えられる、本来スキルはランダムに付与されるが、彼の場合は自由に選べるため暗殺に使える組み合わせを選ぶことができる。

彼は女神にいくつかの質問をする、

女神が好きに世界に干渉していいのか、それに対して女神はたまたま高性能の人間が記憶と知識を持たまま生まれたということにするようだ。

16年後魔王が倒され2年後に世界は崩壊するが暗殺できそうなときに暗殺していいのかと聞くと、魔王は勇者にしか倒せないのでそれまでは暗殺することができないということだった。

彼のほかに勇者を倒すお駒は存在するのかという問いに対して、女神は今はあなただけという答えを返していた、つまり失敗する可能性があったりなにかしら問題があると次の刺客をおくる可能性があるということだ。

いくつかの質問をした彼は、女神の依頼を受けることにした。

転生先のスキル・属性選び

出典:世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する コミックス1巻より

彼の転生先は、世界一の暗殺者の家系「暗殺貴族トウア ハーデ」の当主の息子に転生するようだ。

生まれ変わっても暗殺をすること、さらに今までで一番難易度の高い暗殺を依頼されたが彼は今度こそ自分の意思で生きることを誓う。

転生先の世界では人は生まれながらにスキルという恩恵を与えられる、スキルの種類は約12万種類以上ありそのスキルの中でもS・A・B・C・Dの五段階存在しているもちろんレア度の高いほど手に入る確率は低い。

女神からの特典として獲得できるスキルを選べるためスキル同士の組み合わせを考えて選択することができる。

彼が選んだスキルは

Sランクスキル・超回復 Aランクスキル・式を織るもの Bランクスキル・成長限界突破     Cランクスキル・体術

Dランクスキルは今回の1話では登場しなかったので物語の鍵を握る癖のあるスキルと仮定します。

魔力属性は基本属性の「火・風・水・地」の四属性すべてを使うことのできる万能タイプを選択した。

基本属性のほかには希少属性の光と闇が存在する。

スキルや属性を選び終わり暗殺貴族トウア ハーデへ転生した、彼の新しい名前はルーグという名前で誕生した。

出典:世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する コミックス1巻より