PVアクセスランキング にほんブログ村
世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する

世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する【2話 感想ネタバレ】

世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する【2話 感想ネタバレ】

世界一の暗殺者が、暗殺貴族の長男に転生した。現代であらゆる暗殺を可能にした幅広い知識と経験、そして異世界最強と謳われた暗殺者一族の秘術と魔法。そのすべてが相乗効果をうみ、彼は史上並び立つものがいない暗殺者へと成長していく——。 WEB発超人気作が大幅加筆にて新生、最強×無敵のアサシンズ・ファンタジー!

 

漫画を全巻まとめて買うなら漫画全巻ドットコムがおすすめ!!!

漫画全巻ドットコム




国内最大級の19万作品の全巻セット購入可能!

ポイント還元率も高く新品中古電子問わずポイントを使うことができる!

安心の最短翌日配送!購入した翌日には配送されるので読みたくなったらすぐ読める!

転生してから5年後

出典:世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する コミックス1巻より

転生してから5年がたった、自分の転生したトウアハーデ家を調べることにした。トウアハーデ家はアルヴァン王国の男爵家である。

男爵家にしては収入が多い、領地が大きいというわけではないが税収以外にも多くの収入がある。

トウアハーデ家は王国一の医術の名家王族や大貴族から直々に依頼され多くの収入を得ている。各地に医術の知識を持った弟子を派遣しているため、地方の貴族からも評価を得ている。

医術の名家という顔のほかに、もう一つの顔がトウアハーデ家にはあり、王族や公爵家からの依頼でのみ行う暗殺稼業も行っている。

国にとって不利益になるような存在を取り除くために行っており、その報酬も大きいため上位の貴族にも負けないほどの発言力や財力がある。

暗殺稼業を行っているトウアハーデ家は幼少期から実践に使える教育を父の手で教わっている、まだこの世界を知らないルーグは父の技を盗もうと励む。

トウアハーデの家訓は、「アルヴァン王国の繁栄のために」

この家訓を守るべく2つの顔ができた、医術は国の優秀な人材の命を救うため、暗殺術は国の膿を排除するため。

アルヴァン王国の貴族は権力が強く法に守られている。王族といえど簡単に手を出すことができない。

そんな法に守られた国の膿を取り除くため暗殺稼業が必要となる、医術と暗殺の知識を一番得られる方法は、実際の人間の体を壊して直してを繰り返すことで得ることができる。

トウアハーデの教材として死刑囚が選ばれた、父はルーグに5人殺すように言われルーグ=トウアハーデとして生きていく決意をして殺していく。

出典:世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する コミックス1巻より

 

「世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する」を電子書籍でよむならebookjapanがおすすめ!!

ebookjapan

世界最大級の電子書籍規模約50万冊の本を配信中!!

クーポンやポイントを活用するとお得に漫画を読むことができる!

新たな出会い

7歳になったルーグは森で狩りをしていた、まだ魔法を使うことはできないが体に魔力を纏い身体能力を向上させる。

狩りをしている最中に少女と出会ったルーグ、しかし少女の護衛に襲われかけるがすでに7歳になったルーグは大人とくらべものにならないほどの戦闘能力を手に入れていた。

その少女はルーグがずっと待ち望んでいた魔法の先生だった、少女の名前はディア=ヴィコーネ ルークの師匠になる女性だ。

まずディアはルークの魔力量を調べるためにファール石を渡した、ファール石はヴィコーネ領で作られたもので他領の人に譲ることができないものになっている。

ファール石に魔力を込めて魔力量を測るつもりが幼少期から魔力量増やしてきたルーグの魔力量はファール石の許容範囲量を優に超えてしまった。

魔力を込めすぎたせいでファール石が大爆発を起こしてしまった、幸い爆発する寸前に遠くになげることで被害は出なかった。

出典:世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する コミックス1巻より

その後慎重に魔力量を測り4属性を持っていることも確認できた、ディアはそんな魔法に対して規格外のルーグにあきれていた。

ディアに魔法を教わり初めての啓二を受けたルーグは魔法の世界に足を踏み入れた。