世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する

世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する【3話 感想ネタバレ】

世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する【3話 感想ネタバレ】

世界一の暗殺者が、暗殺貴族の長男に転生した。現代であらゆる暗殺を可能にした幅広い知識と経験、そして異世界最強と謳われた暗殺者一族の秘術と魔法。そのすべてが相乗効果をうみ、彼は史上並び立つものがいない暗殺者へと成長していく——。 WEB発超人気作が大幅加筆にて新生、最強×無敵のアサシンズ・ファンタジー!!

この世界の魔法の仕組み

出典:世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する コミックス1巻より

ルーグの頭の中に魔法文字と術式これを正しく読み上げ発現させるのがこの世界の魔法の使い方だ。ルーグが最初に思い浮かんだのは土魔法で何もないところから金属を生成させる魔法だった。

最初は柔らかい鉛だけどうまく使いこなせば鉄を生成することができるようになる、発想次第で様々な可能性がある。

ルーグは暗殺者の時に培った記憶力で複雑な魔法字の発音や組み合わせをどんどん合わせていく。

初めて魔法を使ったルーグ、 形も大きさも歪だが鉛を作ることができた。頭に浮かんだ術式を詠唱すると魔法を使うことができる。術式自体は魔法ごとに決められているため、頭に浮かんでくるまで待っていなくても、使える人から術式を教えてもらえば使うことができるのではないかと予想した。

試してみたところルーグがまだ覚えていない魔法を使うことができた。考えれば誰でも思いつくことができることだが、それを誰も思いつかなかった。

ルーグがその結論に至ったのは、スキル「式を織るもの」の影響で思追いつくことができたのではないかと予想した。

そして鉛を生み出す魔法と鉄を生み出す魔法の術式の共通点を見つけたルーグ、ディアに頼み知っている限りの魔法の術式を教えてもらい。それぞれの術式の意味を解読し始めた。

それぞれの術式に共通点があり、それをうまく書き換えると新しい魔法を作ることができると考えたルーグはディアに協力を頼んだ。協力を頼まれたディアは自分たちの手で魔法を作ることができるかもしれないとどきどきしルーグとともに魔法式の解読を始める

 

新しい魔法の制作

出典:世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する コミックス1巻より

鉛を生む魔法式と鉄を生む魔法式を解読したルーグは、銀を生む魔法を作ることに成功した。銀を生む魔法なんて聞いたことなかったディアには困惑の色が見えた。

ルーグの作った魔法式をディアが実際に使ってみると銀を生成することができた、銀を作ることができたディアは新しい魔法を自分でも作ってみたいと思いルーグから金の魔法式を教えてもらい使おうとした。

金の数値を入れて魔法を使おうとしたディアだったが、急に頭の中が暗転したようになって魔法を使うことができなかった。

2人の違いはルーグが式を織るもののスキルを持っているため術式の改変をしても拒絶反応が起こることはないと予想した。

魔法を作ることができないと少し落ち込んだディアだったが自分が術式を考えてルーグに作ってもらうことで自分も魔法を作ることができると考えた。

ディアがいる10日間2人の魔法開発は進んでいた、ルーグは魔法で銃を作ることに成功し優れた射程・破壊力・精度・魔力が続くまで打ち続けることができる強力な魔法を開発した。

銃身と弾丸の両方とも魔法で生み出しているため暗殺にもってこいの魔法と化した。

2人で強力な魔法をいくつか生み出したがそれを使うのは命に危険が迫ったとき以外は使わないようにするという約束をした。

ディアとの別れの日がきてディアは他領の人には渡せないファール石を渡した、ヴィコーネ領は距離が遠くなかなか会いに行けない距離だったがルークはこっそり会いに行っていた。

それからいくつかたったころ強力な魔法・武器を生み出してきたルーグだが暗殺に必要なものが一つ欠けていた。

暗殺は一人では限界があり手を貸してくれる助手が必要だった、しかし魔力を持っているのは貴族が多く秘密の多いトウアハーデには他の貴族をスカウトするのは不可能だった。

しかしそんな時に、森の中で口減らしにあった女の子に出会った。彼女から魔力の反応がありルーグは話を聞くことにした。

話しているうちに女の子のことを気に入ったルーグは使用人にならないかと持ち掛ける。今まで必要とされていなかった彼女はルーグから必要とされていることで感極まって泣いてしまった。

慰めているとき彼女は夢の中で女神から運命の出会いがあるっと聞かされたことを言った。それを聞いたルーグはこの出会いも女神によって手引きされたのだと予想した。

出典:世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する コミックス1巻より

 

暗殺を成功されるための優秀な助手として彼女はどのように成長していくのか。