世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する

世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する【4話 感想ネタバレ】

世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する【3話 感想ネタバレ】

世界一の暗殺者が、暗殺貴族の長男に転生した。現代であらゆる暗殺を可能にした幅広い知識と経験、そして異世界最強と謳われた暗殺者一族の秘術と魔法。そのすべてが相乗効果をうみ、彼は史上並び立つものがいない暗殺者へと成長していく——。 WEB発超人気作が大幅加筆にて新生、最強×無敵のアサシンズ・ファンタジー!!

 

出典:世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する コミックス1巻より

トウアハーデの秘術

魔力を少女を拾ってから2年後、ルーグに拾われた少女は成長しやせ細った体は肉付きが戻り健康な体へと成長した。

少女は、ルーグの使用人として働き常に身の回りの世話をしている、それに加えてルーグの助手をするために暗殺術の鍛錬も行っており腕前はかなりのものに成長している。

生前から持ち合わせていた洗脳術で絶対の忠誠心を植え付けており暗殺の助手としてルーグより育成されている。

ルーグは父から呼ばれトウアハーデの秘術を授けると告げられる、「トウアハーデの魔眼」   それはトウアハーデが長年人体実験と研究の末完成した特別な目を与える手術。

手術が無事終わったあと父からその目を使って私と戦えと言われるルーグ、今回の試験とその次の最終試験を無事乗り越えることができたら次期当主と認めるといわれたルーグは実力を見せつけることはできるのか。

出典:世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する コミックス1巻より

トウアハーデ家当主との戦い

トウアハーデの魔眼の力は動体視力、遠近感を司る深視力が大幅に強化され、魔力を可視化することができる、それにより普通の攻撃と危険な魔力を纏った攻撃の両方を瞬時に見分けることができるようになる。

魔力が見えるようになったばかりのルーグは魔力を見ることに意識を割いてしまい父の攻撃を受け一進一退の攻防を繰り広げる。

出典:世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する コミックス1巻より

勝負を決めようとルーグは自らの肉でナイフを食い止め父の首にナイフを当てることで勝利することができた。

次期当主として領民と話したりすることが多くなったルーグ、領民と恩を売ることも次期当主としての大事な仕事だった。

次期当主として認められたルーグは領民との触れ合いのほかに分家の貴族との顔合わせも行う必要があった。

分家も貴族ではあるので全員が魔力持ちである、そのためいざという時には彼らを率いて戦わないといけない為、親睦を深めて仲良くすることは非常に大切である。

分家の貴族たちに顔合わせをし、無事実力を見せつけることに成功したルーグ、そしてついに最終試験を父から言い渡される。それは2年間商人として世界を知り、人脈を作り、商人として貴族になれるほどの格を得るということだった。

2年間ルーグは商人イルグ=バロールとしてどれだけ人脈、実績を作ることができるのか・・・

出典:世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する コミックス1巻より